茨城県にある「桜川」を舞台にした謡曲「櫻川」を「演劇」「ダンス」「音楽」「美術」等多くのジャンルを取り入れ、母と子の情愛を新たな舞台作品(パフォーミングアーツ)として表現した音楽劇。

<小池博史プロフィール>
演出家・作家・振付家、「舞台芸術の学校」代表 茨城県日立市生まれ。一橋大学卒業。1982年パフォーミングアーツグループ『パパ・タラフマラ』設立。以降、全55作品の作・演出・振付を手掛ける。2012年5月解散。その後すぐに『小池博史ブリッジプロジェクト』を立ち上げ、創造性を核に教育・発信・創作を三本柱とした連携プロジェクトを展開中。世界各地で10作品を創作。パパ・タラフマラ以外での演出作品も多数。演劇・舞踊・美術・音楽等のジャンルを超えた作品群を40ヶ国で上演。各国アーティストとの作品制作やプロデュース作品の制作、世界各地からの演出依頼公演、プロ対象・市民対象のワークショップを数多く実施。雑誌への寄稿も多い。97~04年つくば舞台芸術監督、アジア舞台芸術家フォーラム委員長、国際交流基金特定寄附金審議委員(05年~11年)等さまざまな審議員、審査員等を歴任。 著書として「ロンググッドバイ~パパ・タラフマラとその時代」(2011年、青幻舎刊)、「からだのこえをきく」(2013年、新潮社刊)、「新・舞台芸術論-21世紀風姿花伝」(2017年12月25日、水声社刊)。毎月1回、メールマガジンを発行中。
【小池博史ブリッジプロジェクト 作品シリーズ】
  • 宮沢賢治シリーズ(自然と人間の共生を描いた宮沢賢治作品からインスピレーションを受けた三作品)
  • マハーバーラタシリーズ(インドの叙事詩をもとにして神話を現代社会に投影した五作品)
  • 世界シリーズ(現代社会と現代人に警鐘を鳴らし、希望を模索する作品。現時点で二作目まで上演)
http://kikh.com/
Buy now